遺伝子検査でダイエット?

三つ目は豆腐や豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名前のタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、華奢な人が多く、男女同程度の比率です。

このタイプだと、太りにくい体質だと言えますが、その反面太ってしまうと痩せるのに苦労するタイプです。初めに、検査を受けることができる企業から検査キットを買いましょう。次に、検査キットには綿棒があるので、この綿棒を使ってほほのあたりにある粘膜を取ります。

最後にその綿棒を送り返せばよいのです。

肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は起っておらず生活習慣が原因となるものに分けることができます。一つ目はパンやごはんといった糖質の代謝が上手にできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多いのが特徴です。このタイプの人は、脂質の少ない食事を摂りつつ、唐辛子または生姜等の温熱食材と言われる食材を摂り体を温めるようにするとダイエットの成果が見込めるでしょう。
どんな時でもあとちょっとだけ体重を減量したいと感じている人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、痩せたいと思いテレビで見たダイエットにチャレンジしたものの痩せない、本で紹介されている方法を試しても全くダメ、という方は少なくないのではないでしょうか。

Leave a Reply