思い出に残るジブリ作品

ジブリ作品を好きな方は多いと思います。今までたくさんの作品が公開され、ファンの多さも数知れずのジブリ。私も色々な作品を見てきましたが、特に思い出に残っているのは『千と千尋の神隠し』です。
Read the rest of this entry »

バレンタイン

バレンタインでした。

Read the rest of this entry »

ビール

昨日の晩はビールを飲んだ。普段、お酒は飲まないようにしているのだけど。
Read the rest of this entry »

ブリジット・ジョーンズの日記

先週、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の新作を観に行ってきました。
Read the rest of this entry »

ダイヤの指輪をネックレスにリフォームした

私は、20年以上前に今の夫に婚約指輪を買ってもらったことがありました。

Read the rest of this entry »

金銭感覚が可笑しいです

たった二人分の食事代に、二千円は多いと思います。
親に二人分として、昼食代を貰ったのですが金額が多いと思いましたが、それを使い切る私もどうかしてます。

Read the rest of this entry »

意外に強力な五月の紫外線

ゴールデンウイーク中に、一度だけ家族で外出しました。都内某所にある有料の日本庭園を散策したのです。ノンビリとした時間を過ごして帰宅すると、鏡を見て少し驚きました。顔が日焼けして赤くなっていたのです。
その日は確かに晴天でしたが、私は木陰の散歩道ばかり歩いていましたので、特に日に焼けるほど日光を浴びた覚えはありませんでした。それなのに見事に日焼けしていたのです。
そんな時、テレビの天気予報で「五月の日ざしは意外に紫外線が強い」という意味のことを言っているのを聞きました。「確かにそれは本当だな」私は心の中でそう呟きました。でも、実際には声に出ていたかもしれません。話は変わりますが、タントを大幅に値引きする方法をしっていますか? 友人に教えてもらって実際に見に行ってきましたがこれはとても画期的だと思います。

私には憧れのプロレスラーがいます。
「ハヤブサ」です。
大仁田厚率いるFMWに所属していますがファイトスタイルは空中殺法を武器にしています。
これまでタイガーマスクやグレートサスケといった空中殺法を得意とするレスラーは多くいましたが、彼はどのレスラーよりも運動神経がずば抜けており彼にしか出来ない技が多々ありましt。
しかし、ある試合で彼はムーンサルトプレスの失敗により脊髄損傷のケガをしてしまい車椅子生活となっていました。もちろん二度とリングにも上がれなくなってしまいました。
私にとっては憧れのレスラーでしたので、リングネームの通り不死鳥となって復活して欲しいです。

遺伝子検査でダイエット?

三つ目は豆腐や豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名前のタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、華奢な人が多く、男女同程度の比率です。

このタイプだと、太りにくい体質だと言えますが、その反面太ってしまうと痩せるのに苦労するタイプです。初めに、検査を受けることができる企業から検査キットを買いましょう。次に、検査キットには綿棒があるので、この綿棒を使ってほほのあたりにある粘膜を取ります。

最後にその綿棒を送り返せばよいのです。

肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は起っておらず生活習慣が原因となるものに分けることができます。一つ目はパンやごはんといった糖質の代謝が上手にできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多いのが特徴です。このタイプの人は、脂質の少ない食事を摂りつつ、唐辛子または生姜等の温熱食材と言われる食材を摂り体を温めるようにするとダイエットの成果が見込めるでしょう。
どんな時でもあとちょっとだけ体重を減量したいと感じている人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、痩せたいと思いテレビで見たダイエットにチャレンジしたものの痩せない、本で紹介されている方法を試しても全くダメ、という方は少なくないのではないでしょうか。

葉酸に隠されたパワー

妊娠を望む女性にとって、極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。

冷えは血行不良を引き起こしますので、子宮や卵巣の機能を不調にさせるかもしれないためです。
多くの場合、冷えは足先から感じるようです。

いま、冷えに悩まれている方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めながら、冷え性を改善するようにしましょう。
女の子を産みたいと思っていたため、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けをとことん調べました。
例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、後は実践あるのみでした。
産み分けを実行している途中で赤ちゃんがお腹にいることがわかり、つわりでかなり辛かったときも必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。妊活と言えば、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、本来、夫婦であるならば女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。そういうことで、男性の妊活として日々の食生活の見直しについて説明していきます。妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、さらに妊活の効果を上げていきましょう。ビタミンB群の一つである葉酸は、吸収率が空腹時に高まることとなりいつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、可能な限り数回に分けて摂れば効果はあるとされます。時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。少子化が深刻化するにつれて、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが今日の日本の医学においてまだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

そのことを分かっていて、それにもかかわらず、「挑戦したい」というならば、次に書く方法を試してみてください。男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。葉酸のサプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。
正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「男性が飲んでも意味がない。
妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」ときっぱり言われたのです。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。

劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎を起こすことが少なくなってきました。

ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると細胞分裂の障害を防ぐなど発育にとって非常に効果的な面があるのはご存じでしょう。
この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物に豊富に含まれるのですが、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、妊娠中、あるいは妊活中の女性には毎日摂り続けてほしいものです。
女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。というのも、胎児の脳や神経系の形成に、葉酸が細胞分裂を盛んにする働きがあるからです。葉酸が、何に豊富に含まれているのか調べるのが大変、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいというプレッシャーを感じるなら、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。
赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。